大阪府の吉村知事うがい発言について。

大阪府の吉村知事は先日、ポビドンヨードを含むうがい薬に新型コロナウイルスを減らす効果が認められたと発表しました。

当院では診療前にうがいをしてもらっているので、皆様から吉村知事発言のご質問を受けることがありました。
そこで僕の考えを書きたいと思います。

ポビドンヨードうがい薬がお口や唾液の中の新型コロナウイルスを、一時的に減らす可能性は充分にあると思います。
これは今回の吉村知事の引用した研究結果からもうかがえます。
僕は、時間的には、1時間くらいではないかと考えていますが、1時間に根拠はありません。
また、お口の中のうがいですから、肺の中に入ってしまっている新型コロナウイルスを減らすことはないでしょう。

次に、新型コロナウイルスに感染しないための予防としての、ポビドンヨードヨードうがい薬の使用には、ほとんど効果はないと思います。
いま口の中に新型コロナウイルスが入ってしまったと考えて、そのたびにうがいをするなら、外出先ではかなり頻回のうがいになり、日常生活は送れないと考えますし、
鼻も含めて覆うマスクの方が、効果的だと思います。

では、新型コロナウイルスに感染させない予防としての、ポピドンヨードうがい薬の使用はどうでしょうか?。
歯科医院では治療中、マスクを外し、お口を開けて頂きます。
さらに、歯を削るなどの際、お口の中の菌やウイルス(場合によっては新型コロナウイルス)をまき散らす可能性があります。
そのために七星歯科医院では、すべてのチェアーに口腔外バキュームが導入されました。
お口の近く、お口の外で、吸い取ってしまうためです。
しかしこれは事後処理です。
そもそも患者さんのお口の中の菌やウイルスを一時的に減らしてから治療にあたることは、
万一の、新型コロナウイルス感染症患者さんから、私たちスタッフや周囲の患者さんへ感染させない予防(万一の新型コロナウイルス感染を受けることを予防すること)に役立つと思います。
この様な観点から、当院では診療前にうがいをしてもらっています。

最後に。では、感染している方への重症化の予防としての、ポピドンヨードうがい薬の使用はどうでしょうか?。
これこそが、今回の吉村知事の引用した研究結果だと思います。
口から、その後肺に入っていくウイルス量を減らせば、重症化を予防できるという考えで、
この様に限定的に解釈するなら、僕は賛成します。

それでは、また!。

院長