LEGOで撮影

診療中に、カメラで皆さまのお口の中を撮影することが度々あります。
そのためのカメラは、もちろん医療用のもので、計3種類を使い分けています。

しかし、製作中の技工物など、技工室と呼ばれる部屋で写真を撮りたくなることもよくあり、
夜中に僕が一人で写真を撮ります。
契約の切れたスマホで、記録用にスナップ写真を撮っています。

そんなときに、「一定の距離で、少しずつ角度を変えて、数枚の写真を撮る」
これが結構難しい、という悩みがありました。

これを解決する道具が見つかりました!。
LEGOです。
レゴランドで2500円で売っていました。

NHKの「ナッチョとポム」など、クレイアニメをつくるためのセットです。
粘土で作った人形の形を少しずつ変えて大量の写真を撮り続け、その写真を並べて動きのあるアニメーションをつくるためのセットです。

この装置、よくできていました。
スマホの位置は、横のスライド、円の回転、仰ぎ見る角度の調整、
撮影距離や高さはブロックの数で・・・などなど、考えられています。

しかも、仰ぎ見る角度の調整は、ウォームギアと言って、ギターの弦巻き(ペグ)の原理が使われていました。

もう少し改良してみようと思います。
その改造もLEGOでやることになると思います(笑)。

それでは、また!。

院長

2 thoughts on “LEGOで撮影

  1. Takashi

    こんばんは、お盆ですね。
    先日は終電までお邪魔して…deepなtalk…ありがとうございました。
    先生、LEGO大好きなんですねー!(^-^)

    1. admin 投稿作成者

      こんばんは。
      先日は、こちらこそありがとうございました。大変に勉強になりました。
      レゴは大好きです。深いです。
      空気圧で走ってしまう車まであるようです。
      そんな極端な遊び方はともかく、
      早くから子どもが構造(力学や丈夫さ)を学ぶには、選択肢はレゴ以外ないとすら思います。
      レゴから学んだものは多かったです。
      いま時々熱中しているのは、童心に帰っているんですが、
      大人買いができるというのもありますね(笑)。

コメントは停止中です。