スポーツマウスガード」カテゴリーアーカイブ

スポーツマウスガード、マウスピース、その5。

スポーツマウスガードのバージョンアップを試みた結果、この1か月で新作をいくつか作りました。

スポーツマウスガードは上顎に取り付けるのですが、口に入れた時に、下の歯の歯並び、歯型、が反映されていないと座りが悪いです。
皆さんに分かりやすく、うまく表現できるか分からないのですが、書いてみます。

仮に私たちが指を咬んでみた時、指にはしばらく歯のあとが残りますよね?。
この咬んだあとを上顎のスポーツマウスガードの表面(下の歯と咬み合うところ)に付けておけば、下顎の位置が一カ所にピタッと定まります。
普段、上の歯と下の歯が咬み合う時のように、スポーツマウスガードを入れた状態でも、下の歯と正しく咬み合って欲しいわけです。

下顎は、前後左右にずらしたり、開いたり閉じたり、かなり自由に動くわけですが、逆に言うとずれやすい。
ずれることなく、最もリラックスした位置、かつ、食いしばれる位置に、下の歯並びのあとをつけておくことで、
無理なく食いしばれることになり、競技のパフォーマンスアップに結び付きます。

かといって、リンゴをかじったときのように、刺さるようにくっきりと歯並びのあとをつけてしまうと、
何か突然に大きな力を受けてしまった時に逃げ場が無く、かえって歯にダメージを与えてしまったり、
食いしばっていない時にひっかかってしまって、下顎の滑りが悪く、使いにくい、ともなりかねません。
結果、ふわっと柔らかく、歯並びのあとをつけることが大切な様に思います。
パフォーマンスを向上しつつ、歯を守る。理想的です!。

こうした考えで出来上がりました!。

先日、テニスが趣味の方に感想を聞いたところ、明らかにパワーアップしたとのことでした。
今度の方は特殊なスポーツ選手です。
何と言われるかと、楽しみにしています。

—書き忘れていましたので、追記します。—
—価格は1万円(税別)です。これまでは特殊なものを除いて5千円でしたが、お許しください。—

それでは、また!。

院長

スポーツマウスガード、マウスピース、その4。

総合格闘技のRena選手のマウスガードは、どうやったら作れるんだろう?という技術的な疑問から、作ってみました。
黒ベースに白のドラキュラの歯を貼り付けて、透明でラミネート!。
専門の歯科技工士さんのマル秘があるようで、なかなか難しかったです。

結果、できたはできたものの課題が見つかりました。
本当に面白いです。

それでは、また!。

院長

スポーツマウスガード、マウスピース、その3。

マウスガードの新作です。

前歯と奥歯の厚みを、使用される方の希望に合うよう吟味しつつ、
赤と青を貼り合わせ、透明で覆っています。
めちゃくちゃ楽しく作りました。
喜んでもらえるといいです!。

今後は、いろんな色を自由に組み合わせたり、厚みを自由にコントロールしたり、かみ合わせの理想を追求したり、
ドンドン研究していきたいと思っています。

それでは、また!。

院長

スポーツマウスガード、マウスピース、その2。

出来上がりです。
最後にカット面の処理をして滑らかにして終わりです。

試合用とのこと。
KOで勝つってことは、勝ったときに口の中にあるってこと。
判定で勝つってことは、判定待ちの間に外すかもしれないってこと。
いずれにしても、勝って欲しいですね!!。

それでは、また!。

院長

スポーツマウスガード、マウスピース、その1。

今日はお休みですが、多くのマウスガードを製作中です。
写真は、その素材となる板です。
数々のデザインから選んでもらって取り寄せます。

スポーツマウスガードの装着を義務づけているスポーツとしては、
ボクシング、空手、ラクロス、アメリカンフットボール、ラグビー、インラインホッケー、アイスホッケー、キックボクシングがあります。

スポーツマウスガードにより、あごの骨折、歯の破折や脱臼、唇、舌、頬、顎関節の損傷を防ぐことができます。脳震盪(のうしんとう)の予防にもなります。

スポーツマウスガードには、市販されている「簡易タイプ」と、歯科医院で精密に作製する「カスタムメイドタイプ」があります。
簡易タイプのものは、価格が安く御自身で作製できる反面、作成時の失敗があったり、口を開けると落ちてしまったり、正しいかみ合わせができなかったりすることもあるようです。
カスタムメイドタイプのスポーツマウスガードは、歯の型をとって精密に作られるため、簡易タイプに比べて違和感も少なく、また安全です。
カスタムメイドタイプのデメリットは価格となるでしょうか・・・。

しかし、七星歯科医院のスポーツマウスガードは、大変にお求めやすくなっております!。
ビックリされる方も多いです。
外注はせず、これまでにたくさん作ってきた僕自身が、丁寧、かつ、手際よく作るので、コストダウンができています。
(ものづくりが好きだからこそ、やっています。ほかには、矯正装置も作りますし、義歯も時々作ります。)

そして、コストダウンができていること以上に、
スポーツ少年、スポーツ少女、学生さん、スポーツマン、格闘家、を応援したいという気持ちで、お値段を設定しています。

僕が作ったスポーツマウスガードで練習してくれたら嬉しい!。試合で活躍してくれたら嬉しい!。

それでは、また!。

院長