月別アーカイブ: 2018年7月

レイバンのルーペ

これまで歯科用ルーペは、アメリカのサージテル、ドイツのカールツァイスを使っていましたが、
ルーペの新作です。
アメリカ(現在はイタリア?)のレイバンです。

ごめんなさい。冗談はこのくらいにしておきます。
カールツァイスの眼鏡フレーム(蝶番部分)が壊れたので修理に出し、今はサージテルを使っているのですが、
カールツァイスを早く復帰させたい!、ということで、
眼鏡フレームの修理が上がってくるのを待つのではなく、使えそうな眼鏡フレームを探すことにしました。
左右のレンズをつなぐ部品(ブリッジ)が2本のワイヤーで、レンズが大きくないといけません。
さらに、カッコ良くないといけません!。
こうした条件を満たしたのは、レイバンのサングラス!。
これにカールツァイスのルーペ本体を取り付けました。

ルーペを眼鏡に取り付ける部品は自作です。
ルーペの重さを支える部品は頑丈でなければならないので、
3ミリ厚のFRP(ガラス繊維で強化されたプラスチック、車のボディーに使われたりもする)を探し出し、切り出しました。

まったくカタつくこともなく、製品のような仕上がりです。

大喜びで、先ほどテストで使ってみると、視界は真っ暗でした。
あとは、眼鏡屋さんに行って、度入りの透明なレンズを入れてもらうだけです。

それでは、また!。

院長