月別アーカイブ: 2019年7月

スポーツマウスガード、マウスピース、その2。

出来上がりです。
最後にカット面の処理をして滑らかにして終わりです。

試合用とのこと。
KOで勝つってことは、勝ったときに口の中にあるってこと。
判定で勝つってことは、判定待ちの間に外すかもしれないってこと。
いずれにしても、勝って欲しいですね!!。

それでは、また!。

院長

スポーツマウスガード、マウスピース、その1。

今日はお休みですが、多くのマウスガードを製作中です。
写真は、その素材となる板です。
数々のデザインから選んでもらって取り寄せます。

スポーツマウスガードの装着を義務づけているスポーツとしては、
ボクシング、空手、ラクロス、アメリカンフットボール、ラグビー、インラインホッケー、アイスホッケー、キックボクシングがあります。

スポーツマウスガードにより、あごの骨折、歯の破折や脱臼、唇、舌、頬、顎関節の損傷を防ぐことができます。脳震盪(のうしんとう)の予防にもなります。

スポーツマウスガードには、市販されている「簡易タイプ」と、歯科医院で精密に作製する「カスタムメイドタイプ」があります。
簡易タイプのものは、価格が安く御自身で作製できる反面、作成時の失敗があったり、口を開けると落ちてしまったり、正しいかみ合わせができなかったりすることもあるようです。
カスタムメイドタイプのスポーツマウスガードは、歯の型をとって精密に作られるため、簡易タイプに比べて違和感も少なく、また安全です。
カスタムメイドタイプのデメリットは価格となるでしょうか・・・。

しかし、七星歯科医院のスポーツマウスガードは、大変にお求めやすくなっております!。
ビックリされる方も多いです。
外注はせず、これまでにたくさん作ってきた僕自身が、丁寧、かつ、手際よく作るので、コストダウンができています。
(ものづくりが好きだからこそ、やっています。ほかには、矯正装置も作りますし、義歯も時々作ります。)

そして、コストダウンができていること以上に、
スポーツ少年、スポーツ少女、学生さん、スポーツマン、格闘家、を応援したいという気持ちで、お値段を設定しています。

僕が作ったスポーツマウスガードで練習してくれたら嬉しい!。試合で活躍してくれたら嬉しい!。

それでは、また!。

院長

新・仁義なき戦い

2000年公開の映画、豊川悦司、布袋寅泰の「新・仁義なき戦い」を見ました。

むかし僕が住んでいたところが使われていてビックリ!。
調べてみると僕が転居した直後の撮影の様です。

覚えています。
ちょっと治安の悪そうな気配がする石階段。
半地下の部屋の湿気。
パチンコ台の部品を作る工場の音。

映画の中ではうってつけの潜伏先だったのでしょうか。

それでは、また!。

院長

矯正研修会201907

先日の土日は品川でした。
写真はその前の週の、大坂サマーミーティングの写真です。
僕はどこでしょう?。

一番後ろの列の真ん中やや右、黒い人です。
プライバシーもあるのかな?と、やや画像を不鮮明にしました。

今月は矯正研修会を中心に、一日も休みがとれませんでした。
ハードでした・・・。
しかし充実していました。

学問は一人でももちろんできます。
しかし70人以上が集まる熱気の中で、泊まり込みで歯の話ばかりを考える人たちに囲まれれば、
こうした中でしか得られないものがあります。

幸せな疲れを感じつつ、明日はお休みの日だという喜びもあります。
明日はちょっと休んでから仕事を一人でします。

それでは、また!。

院長

下間矯正サマーミーティング

7月14、15日は、大坂の舞洲まで矯正の勉強会に行ってきました。

14日は6時起きで岐阜を出発。
なんとか10時のスタートに間に合い・・・。そこから夜11時まで勉強!。
翌日はちょっと早起きして一人で散歩をした後、9時から夕方まで、また勉強でした。
ちょっとウトウトしてしまった時もありましたが、とても充実した時間でした。

歯科の勉強は、おそらく他の医学、科学と同様に、学びに終わりがありません。
うんざりすることも正直言ってあります。
しかし、これまで分からなかったことや疑問に思っていたことが、解決できたり、何らかのヒントを頂けたり。
とても楽しく、嬉しいです。

74人の出席者が1つの大きな会場に集まって勉強。
すごい熱気でした。
僕も頑張ってやっていきます。

今週末は、また品川で矯正研修会。
楽しみです。

それでは、また!。

院長

今日は号泣。村田諒太勝利!。

涙もろい僕ですが、いつも以上に号泣しました。
ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチで、村田諒太がチャンピオンに返り咲き!。

お断りしておきますが、僕は殴り合いが好きなわけではありません。
でもやっぱり、家族、仲間、チーム、ファンのために命をかけてトレーニングを続け、
長い人生の中では一瞬ともいえる試合、勝敗が分岐路になるような試合に、勇気を持って挑むボクサーが大好きです。

だからというか、世界戦での日本人対決は見ていて苦しいです。
片方を応援しきれない自分がいるからです。

しかし、今回100パーセント村田諒太に勝って欲しかった理由は、僕が日本人だからという理由だけではありません。
ちょっと前に負けた相手に、再度挑戦する!。
その敗戦で、引退しようかなと思ったこともあったようです。それを乗り越えてもう一度戦う。
その勇気を応援したい!。
僕も勇気をもらいたい!。
そんな気持ちでした。

結果は2ラウンドTKO勝利!。
これ以上続けると打たれている方の体が心配であり、また、スポーツとして不適切という判断で、レフェリーがストップしたわけです。
もうちょっと苦戦すると思っていたのですが・・・。

試合後に、お世話になった高校、大学、ボクシングジムに繰り返し感謝の気持ちを伝えていたことは、さらに感動的でした。
息子さんに、ようやく野球でも水泳でも一緒にやれるよ、と伝えていたことも、またまた感動的でした。

僕は、特に歯医者になるまで、挫折が多い人間でした。
今も、人間として、歯医者として、まだまだ至らない僕です。
今まで育ててくれた人がいます。今も育ててくれる人がいます。
支えてくれる七星スタッフもいます。
そのお陰で、毎日頑張って医院で働けていることを、村田さんの言葉で再確認しつつ、
明日からも頑張ります。

村田さん、ありがとうございます!。
皆さん、ありがとうございます!。

それでは、また!。

院長

矯正研修会201906

1週間ほど前の話になりますが、
6月末に4日間のお休みを頂いて東京に行き、矯正の勉強などをしてきました。

ホテルでも勉強をしたりトレーニングをしたりと、ハードでしたが楽しかったです。
おいしいものを食べて歩くなどという余裕はありませんが、
歯科医師としての力が増していくことが、単純に楽しいです。

7月14、15日も、大阪まで「下間矯正サマーミーティング」に行ってきます。
大いに刺激を受けて帰ってくることになると思います。

勉強、勉強、勉強!、みたいな毎日になっていますが、
しかしギターを練習する時間も作らないと、などとも思っています。
この一瞬一瞬は1回しかないですもんね・・・。

それでは、また!。

院長