月別アーカイブ: 2020年4月

ゴールデンウイーク中 ~ 5/17の診療について


しばらく前から「ゴールデンウイーク後を可能な限り限定的な診療にしたい」と考えておりました。
僕がこう考える理由は、前回のブログでも書きました。

ここ数日を振り返りましても、「痛い!」という急患の患者さんがいらっしゃいます。
ですから、ゴールデンウイークの連休を延長するわけにもいかないところがあります。

ゴールデンウイーク後を完全休診にはしませんが、私一人とスタッフ一人が医院で待機、という状態にします。

そこで皆様にお願いがあります。
既にゴールデンウイーク明けの予約が入っている方がキャンセルをされる場合は、必ず連絡を頂けるようにお願いします。
「痛いので、これから診てもらえますか?」という方に、2時間後に来てもらうことにしたのに、予約の方がいらっしゃらない・・・というのは、誰のためにもなりません。
また、この様に「痛い!」という方も、まずはお電話をかけて頂きたいと思います。
もちろんできるだけ早く診させて頂きたいとは思っておりますが、時間の調整をさせて頂く場合があると思います。

よろしくお願いいたします。

それでは、また!。

院長

限定診療に入ります。

現在、新型コロナウイルス感染症の急激な拡大がみられること、岐阜県知事による非常事態宣言が出されたこと、
今後、急速な収束は考えられないこと、日本全体がギリギリの中で戦っていること、
この様な中で、七星歯科医院の今後の診療体制・診療方針について、お伝えしたいと思います。

1週間ほど前から、診療を限定的にしていくべきだとの考えの下、通院中の皆様にお声がけをしていました。

皆様が医療機関にかかるとき、重要なのは、
「現時点での治療の必要性」vs「新型コロナウイルス感染症にまつわるリスク」だと思います。
待合室での感染など考えれば、100パーセント安全な医療機関など無いと考えます。

これを天秤にかけ、患者様自らが結論を出すと同時に、
私たちから、お一人おひとりの患者様ごとに、予定されていた診療の延期を検討し、ご提案すべき場面が多くなっている。
こういった局面になっていると考えます。

もちろん、中にはやはり、診療を続けるべきという状態の患者様もいらっしゃいます。
したがって、より慎重に、これまでの感染症対策よりも数段厳しい感染症対策の下で、診療を継続して参ります。

同時に、七星歯科医院では、4月20日よりスタッフに交代で休んでもらうことにいたしました。
スタッフにも当然、疲れや心配が出てきています。お子さんが一人で家で待っている中、出勤してくれているスタッフもいます。

以上を考えた結果、今後はその趣旨で、限定的な診療に切り替えていきます。
その上で、幸いにも七星歯科医院は、たとえ患者様が待合室で一緒になっても距離をとれるだけの、非常に大きく長い診療室になっております。
これまで、お子様の走り回りが多々ありましたが、保護者様から注意を頂けますと助かります。
また、マスクの着用、その他、体調の申告に御協力ください。

ベストな体制を模索している真っただ中であり、今後、さらなる変更をしていく可能性もあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

それでは、また!。

院長

13日(月)と14日(火)は休診します。

「あれ、名前が変わったんだね!」
「!!!」
「もしかして・・・??」
「はい!!」
「おめでとう!」
「ありがとうございます!!」

という会話が、診療中に、しばしばありました。

もうご存知の患者さんもいらっしゃいますが、
歯科衛生士の一人が結婚をいたしました!。
(*’▽’) (*´ω`*)

結婚式にあわせて、医院のお休みを半年以上前から決めておりました。
しかし、しかし、しかし、しかし・・・。
このコロナ禍で、結婚式は延期になってしまいました。

2か月前に、13、14日を診療日に戻すかどうか、悩んだのですが、
やっぱりそのまま、お休みにすることに決定しました。

この2日間は、僕は一人で医院の清掃をしています。

というわけで、当院に通院中の患者様は、
13、14日に、痛みなどあれば、一度お電話をください。
多くは僕が出ると思いますが、留守番電話かもしれません。
できるだけ速やかに折り返しますので、連絡先を録音の上、お待ちいただければ幸いです。
患者様が重ならない様に時間を決め、応急処置をさせて頂きます。

それでは、また!。

院長