拡大診療と根管治療(歯の神経の治療)

拡大診療の目的は、見えないもの、見えにくいものを見えるようにすることです。
はじめて高倍率のルーペをつけた時の感動は今も覚えています。
裸眼で診療していたこれまでは何だったのかと、住んでいる世界が変わったかのような錯覚、しかし紛れもない真実の、よく見える世界。
高倍率の中で器具を動かすにはトレーニングが必要ですが、七星歯科医院では、歯科医師は常に、歯科衛生士は必要に応じてルーペを使用しています。
aero
ルーペを使う理由は、精度の高い治療、歯や歯ぐきに良い治療(むし歯になりにくい、歯ぐきがはれない、など)をするためです。
では、特に歯を削る際に、最低限必要な倍率は?、その根拠は?。

ブログ記事へのリンク
ページ1へ
ページ2へ

根管治療(歯内療法、歯の神経の治療)

これはラバーダム防湿法といいます。ゴムのシート(マスク)を用いて治療する歯のみを露出させ、唾液を歯の中に触れさせないようにし、できるかぎり無菌的なもとで治療をおこなう方法です。七星歯科医院での使用率は100%ではありません。全身状態や年齢を考慮して使わない場合もあります。しかし、下の奥歯(永久歯)で使わないことは滅多にありません。使わない場合も患者さんに説明をし、実際に試してみて、使用をあきらめる場合がほとんどです。歯の中を可能な限り無菌的にしようとしているのに、口腔内細菌がいっぱいの唾液を流し込んでしまいながら治療することなど、あり得ないからです。
皆様も歯科医院の診療室で目に触れたことがあるかもしれません。ファイルという器具です。神経の除去や根管内側の汚染され壊死した組織の除去に用います。歯科医師が恐れるのは、この器具が歯の中で折れてしまうことです。私も時々折ってしまっていました。折ったことに気づかないくらい小さく折れることもあるかもしれません。滅菌して何回も使う器具なのですが、いったい何回使ったファイルなのかが分からないことが最大の問題だと思いました。そこで始めたのは「8回使ったら捨てる」という桜の花びらのようなゴムをつけ、使用する毎に、1つの花びらを取っていくことです。使用回数制限をかけて捨てるのです!。決して安価な器具ではありませんし、こうした神経の治療には大変な手間と時間とコストがかかっています。患者さんにとっても快適な治療とは言えないかもしれません。しかし、七星歯科医院は歯1本1本を全力で大切にする歯科医院です。患者さんが治療を受けられる際の快適さよりも、その歯が今後、永く無事であることを優先させて頂きたいと思いますが、どうでしょう!?。お互いに頑張りましょう。

こだわりへ戻る